北出所長のブログ

赤ちゃんの名前 最近の傾向

投稿日:

仕事柄、お子さんの名前を見る機会が多いのですが、

最近の傾向が発表されました。

株式会社セブン&アイ・ホールディングスのグループ会社でもある

赤ちゃん本舗が2018年度の赤ちゃんの名前ランキングによると

 

男の子の上位5位は、(調査件数4万2327件)

1位 蓮(れん) 258件

2位 大翔(ひろと) 211件

3位 陽翔(はると) 209件

4位 樹(いつき) 200件

5位 湊(みなと) 191件

蓮ちゃんは3年連続の1位。

女の子の上位5位ランキングは、(調査件数3万9393件)

1位 葵(あおい) 212件

2位 結菜(ゆうな) 199件

3位 陽葵(ひまり) 190件

4位 咲良(さくら) 183件

5位 芽依(めい) 182件

葵ちゃんは2年ぶりの1位。

最近はキラキラネームが少なくなってきたと言われていますが、

まだまだ一瞬では読めない名前が多いです。

男の子の陽翔ちゃんや女の子の陽葵ちゃんは

わからないですよね。

どちらも太陽の「陽」が入っているので、輝く人になってほしい、

周りを照らしてほしい、笑顔を忘れないでほしいなどの

メッセージがあるのかなと推測します。

 

キラキラネームをつける背景は、他と違う名前にしたい、

他人に読めない名前が一捻りしてかっこいいなどがありますが、

名付け親からするとキラキラネームにしている

という思いはあまりないみたいですね。

 

 

 

社会保険労務士事務所として、お子さんの保険証発行の

ご依頼をいただくので、名前を見る機会が多いのですが、

フリガナがないとこれなんて読むの?と

社内で話題になることもあります。

 

PS

ウチの子も当社スタッフによるとキラキラネームらしいです。

普通に読めるし、そんなつもりなかったけどなあ。